外国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークにお任せください | 制度の期間見直しについて

  • 技能実習制度
  • 組合の特徴
  • 受入れの流れ
  • 受入れ中の国情報
  • Q & A
  • 企業の声&実習生の声
  • 関連リンク

制度の期間見直しについて

~介護の技能実習生受入れと公的機関の調査が始まります~

「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)」が2016年11月28日に公布されました。これによって2017年に介護の外国人技能実習生受入れが始まる見込みです。
また、技能実習制度の適正化法案によりJITCOが行っていた巡回指導が公的機関の調査に代わります。

ポイントは新設される外国人技能実習機構で
〇技能実習計画の認定を受ける(有料)
〇監理団体(協同組合など)は許可制
〇技能実習期間の2年延長(3年終了時に1か月以上一旦帰国)
〇受入れ人数枠が現在の2倍程度まで増加
〇人権侵害行為などについて、禁止規定や罰則を設ける
〇ルール違反があれば技能実習生からの申告が可能になる
などの点です。許可制になり、今まで以上に指導が徹底されます。

【注目点】
・実習生の相談窓口が現在の国際研修協力機構(JITCO)から外国人技能実習機構に変わります。
・実習生からの技能実習先の変更相談も受付予定です。