外国人技能実習生の受入れは協同組合ビジネスネットワークにお任せください | 受入の流れ

  • 技能実習制度
  • 組合の特徴
  • 受入れの流れ
  • 受入れ中の国情報
  • Q & A
  • 企業の声&実習生の声
  • 関連リンク

受入の流れ


技能実習生受入の流れ


 
相談
技能実習制度の説明を行い、技能実習生受入れの可否を判断させていただきます。
 
 
面接の手配
募集条件、採用地域などを決めて送出し機関に伝えます。それに基づき送出し機関は現地で一次選考(派遣元企業の選定、候補者の書類選考、面接前試験など)をおこない絞り込み、組合へ面接試験参加者の履歴書などを送ります。
組合は送られてきた書類を再度募集条件に合っているか確認し、受け入れ希望企業へ送ります。面接スケジュールはこちら>>


 
現地で採用試験
組合スタッフが同行して、受入れ企業の方に試験を実施していただきます。
面接、体力検査、筆記試験、工夫を凝らした実技試験など、受入れ企業の
要望により適切な試験をおこないます。



 
 
入国
組合スタッフが空港へお迎えに行き、講習センターや寮がある香川県へ移動します。 




 
 
入国時研修
入国後1ヵ月間は組合の講習センターで日本語・日本の文化・法的保護・
救命救急・自転車安全講習などの研修を受けます。




 
 
実習開始
いよいよ受入れ企業での実習スタートです。
実習生の声のページヘ>>







 
 
技能検定試験
入国後2年目以降は在留資格が「技能実習2号」に変わります。
2号の在留資格を得るためには技能検定試験などに合格しなければなりません。




 
帰国
日本での3年間の実習を終え、帰国の途につきます。
故郷の家族に早く会いたいという気持ちと、3年間お世話になった実習先の皆さんとのお別れの寂しさが交錯します。